2022年3月21日月曜日

母島2~3月総集編⁉(3月21日)

 おはようございます!

ようやく暖かくなって参りましたね?

小笠原母島は現在、時化続きの冬も明けたのか、夏のような快晴、ベタ凪の日も増えてきました!

同時に水温もぐっと上昇し(現在22度〜23度)、ザトウクジラたちも慌てるように続々と北の海へ帰っていきます。

今年は少し早いようですね。

長らくブログの方はご無沙汰しておりましたが2022年の冬の海もがっつり潜ったN様よりたくさん写真をいただきましたのでごく一部ですがご紹介いたします!

 

2月の沈船はえらいことになっておりました。キンメモドキとスカシテンジクダイが過去に例をみないほどびっちびちに船体を覆い隠しています。それを目掛けて20枚を超えるヒレナガカンパチがアタックを繰り返す!
クジラを見ようと入ったことも忘れてしまうお客様続出の大演舞を見せてくれています(笑
でもね、カンパチたちに食べられて、今はキンメもスカテンも半分ぐらいになっています。
こういう変化が見られるのも楽しいですね。

ここはダイビングではなかなか行かない、南崎ビーチのテーブルサンゴ。
ここまで美しく見事なテーブルは他のポイントでもなかなか見られません。

姉島で出会ったプチユウゼン玉。
黄色いひれをピラピラさせながらお食事に必死でした。

そろそろピークを迎えそうな四本岩!
現在40本ぐらいでしょうか?今年は何本まで増えるのか?
昨日はシロワニさんもいましたよ!

こちらはサワラ根のシロワニさん。
この日のサワラ根はその名の通り、サワラがいっぱい。
根の周りにはまるまる太ったイソマグロがいっぱい。
ガラパゴスザメやアジたちもいっぱい。
もういろいろいっぱいでみんなでかくてわけがわかりません。

姪島のムレハタタテダイ。
いつも何かしらサプライズを見せてくれる姪島西海岸。
この日は2枚のヒメイトマキエイがダイバーたちの頭上を優雅に飛んでいきました。
次はオニイトマキエイもお願いします。

妹島ではミナミバンドウが遊んでくれました。
まるで夏のような青い海がよくわかる写真です。まだ3月でこれ!

にっこり笑うザトウさん。
ザトウ&イルカのコンビネーション出現も何度かあり、大いに盛り上がった2月です。
今年は母島の海で何頭の子供たちが生まれたのかなぁ〜

クジラダイビングと言えば・・・、の万吉場。
この冬もたくさんのザトウたちと出会えました!
そして現在はアオウミガメたちの産卵の時期。
甲羅がまるまるとした亀たちだらけです。

時には夜明けのダイビングも。
この夜明け直前の空の色がたまりません。
刻々と変化してゆくこの景色を是非一度見ていただきたいです。

そして今日も今日とて快晴、ベタ凪!
妹島と姉島めがけて出船いたしました。
ダイバーたちは今頃どんな景色を見ているのでしょうか⁉️

やっぱり、海は楽しい…‼︎



投稿:FG